コンタクトレンズの費用と種類に

コンタクトレンズの費用と種類ってどんなものがあるの? - コンタクトレンズとその費用

コンタクトレンズとその費用

コンタクトレンズと聞いて、経済的に手が出ず眼鏡で済ませている人も中にはいるかもしれません。
メーカーによって料金の違いこそありますが、ここでは通信販売においてのコンタクトレンズの年間にかかる大体の費用を簡単に説明したいと思います。
まず、1日使い捨てタイプのものに関してです。
こちらはかなり高額なものとなり、一般的なものの使用で年間約48,000円と言われています。
衛生面を重視する人にとっては最も適したタイプであると思われますが、その分高額となります。
次に、2週間使い捨てタイプのものに関してです。
こちらは洗浄液込で約21,000円と1日タイプに比べかなり割安となっています。
1日タイプのものよりは眼における衛生・安全性は劣りますがケアも長期タイプのものよりは簡単であり人気のあるタイプです。 キャプチャ17
次に、1カ月タイプのものですが、こちらは約30,000円と2週間タイプより割高になっています。
紛失や破損のリスク等からあまり需要がなくなってきているタイプです。
初めての購入の際は、エースコンタクトがおすすめです。エースコンタクトはコンタクトレンズに詳しく相談のできる店員がいる店頭で買い求めることが良いといえますが値段もその分、割高になるといわれています。
安い時期等を狙ってまとめ買いをするのも賢い方法ですが、店によっては6カ月分まで等と決まりが定められているところもあります。
また眼の検査を勧められることもありますので、その費用が別途かかる場合もあります。
意外と知られていないのですが、コンタクトレンズを愛用している場合その分の医療費が控除される場合があります。キャプチャ12
斜視、弱視、虹彩炎、角膜炎または白内障や緑内障の手術後である場合、確定申告時に申し出れば確定申告にてお金が返ってくることがあるのです。
条件としては合計10万円を越えた金額が対象となりますが、付き添い人の交通費等も対象となりますので発生した領収書また、眼科医の処方した処方箋を補完しておくことが大切です。
コンタクトレンズとひとくちにいってもその種類は多様であり、ライフスタイルによって自分にあったものを選択する必要があります。
代表的なものとして1日使い捨てのタイプ、2週間から1ヶ月交換のタイプ、ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズそしてカラーコンタクトレンズ等です。
スポーツのためにコンタクトレンズを選ぶ人には、眼鏡よりも外れにくく怪我の原因となりにくいソフトコンタクトレンズが勧められています。
裸眼同様の動きができ視野も眼鏡に比べ広くなります。
また、汗によるくもり等もなく激しいスポーツをする人にも広く使われています。
花粉症に悩まされている人には、1日使い捨てのタイプが良いとされています。
汚れや花粉が付く前に交換でき、衛生的です。キャプチャ
仕事柄、コンタクトを外す時間が少なく長時間着用するタイプの人には酸素をよく通すハードタイプのコンタクトレンズが適しています。
紫外線カット機能付きのコンタクトレンズは、サングラスに似た役割を持っています。
紫外線を浴びすぎると、白内障等の眼病を引き起こすだけでなく、日焼けの原因となるという説があります。
眼から紫外線を受けることによって脳がメラニンを形成するからです。
これらを着用することによって日焼け対策もできるというわけです。
一般的に40代より視力が急激に低下し近くのものが見にくくなる人が多いと言われていますが、眼鏡だけでなくコンタクトレンズにも遠近両用のものがあります。
またファッション性を追求した、瞳の輪郭を際立たせるタイプや多様な色が選べるカラーコンタクトもあります。
キャプチャ24
近年パソコン、スマートフォンの影響もあってかドライアイを訴える人が増えています。
乾燥が気になる人にはうるおいを重視したタイプのものもあり、また安全性や信頼を重視する人には国産のものをと多様な選択肢があります。
コンタクトを選ぶ際には必ず眼科にて視力、眼病等がないか等確認してから自分にあったものを選ぶようにしましょう。

更新情報

Copyright(C)2014コンタクトレンズの費用と種類にAll Rights Reserved.